ペンタくんの広場

最近、することが多くって更新が滞りがち。ゆっく~り記事アップしてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2つのペンタくん *istDとK100D 

2台のペンタ君を使っています。

ひとつは、ずっと以前に買った*istDという、ペンタックス初のデジタル一眼レフ。ネットで作例を見て、「なんて深い蒼が撮せるんだろう・・・・」と思って購入しました。コレ、軽いし小さいし、おまけに起動も速いしで、買って正解!でした。

ついでに*istDは、シャッター音がすばらしく良くて、シャッターを押すたびに「あぁ、写真を撮ってるんだなぁ」という、とってもイイ気持ちにさせてくれます。

それに、最初はそうも感じなかったのですけど、ファインダーが大きくて見やすいんです。そんな素晴らしい*istDは、もちろん、まだまだ現役で活躍してくれています。

もう一台は、K100Dです。大変評判の高かったカメラで、一番のウリは「ボティ内手ぶれ補正」でしょうネ。ファインダーもシャッター音も、*istDとは比べられませんが・・・・まぁまぁいい感じですヨ。

さて、この2台で、同じ景色を撮ってみました。

IMGP3496.jpg


IMGP6998.jpg


どちらも、確かプログラムオートで・・・・つまりカメラ任せで撮ったものです。また、どちらも約600万画素で撮ったものを、リサイズだけしました。

どちらが*istDで、どちらがK10Dだか、おわかりでしょうか?



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。