ペンタくんの広場

最近、することが多くって更新が滞りがち。ゆっく~り記事アップしてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

錦帯橋まつり 

IMG_2228.jpg


4月29日に「錦帯橋まつり」に行ってきました。お天気もよく、錦帯橋のあたりは大勢の人出でにぎわっていました。

この「錦帯橋まつり」に行くのは2回目なのですが、見どころは大きく三つあるように思います。

ひとつは、錦帯橋を渡る大名行列です。時代劇のような衣装を着た「大名行列」が、約30分くらいにわたり、錦帯橋を渡っていきます。錦帯橋は数年前に架けかえられましたが、昔ながらの工法で、釘を1本も使わずに造られています。そこに、タイムスリップしたかのような大名行列ですから絵になりますね!

ただ、山側から見ると、橋の向こうには電信柱があったりするのが玉に瑕。たぶん、川上から撮すか山をバックに撮影するのがいいのでしょうね。私もそうしたかったのですが、着いた時にはすでに大名行列が始まっていたので、錦帯橋をわたることができません。シャッターチャンスを逃さないよう、山側からでしたが、急いで撮しました。

行列の最初は家来役の人々かな?小物が江戸時代の雰囲気をよく醸し出しています。

そして、行列のラストは、岩国城主とお付きの人々です。岩国城主役は、毎年、岩国市長が扮して行われているみたいです。

IMG_9814.jpg


「大名行列」が終わると、錦帯橋から少し下流の河原で鉄砲隊の一斉射撃があります。そのため、大勢の人たちが一斉に錦帯橋を渡って川向こうに移動です。江戸時代の工法で造られた錦帯橋ですが、こんなに多くの人が一度に乗っても大丈夫とは、昔の匠の知恵と現在の匠の技を感じます。

IMG_9854.jpg


こちらは近くで見たことはないのですが、「パーン」と大きな音を響かせて迫力が伝わってきます。1回ではなく、たぶん10回くらいは撃っていたように思います。

IMG_2269.jpg


あと、錦帯橋の上流側の河原では、太鼓の演奏が行われていました。

IMG_9741.jpg


もうひとつの見所は、着物姿の女性でしょうか。

この日はどういうわけか着物姿の女性が何人もいらっしゃいます。もしかして、そういうイベントがこのあたりで行われているのかな?詳しくは知りませんが、岩国出身の女流作家「宇野千代」さんの着物姿のイメージとかぶって、なんとなくレトロな雰囲気を感じました。



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。