ペンタくんの広場

最近、することが多くって更新が滞りがち。ゆっく~り記事アップしてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

宮島の管弦祭 

宮島管弦祭01

厳島神社の管弦祭に行ってきました。

管弦祭は、いろいろなところで行われていますが、ここ宮島の管弦祭は日本三大船神事だそうです。
なんでも平清盛が、「管弦の遊び」ではなく「神様をお慰めする」ために始めたとか。

宮島管弦祭02

まずはフェリーの上から厳島神社の大鳥居と祭りの船の撮影です。

大漁旗と提灯で祭りの雰囲気が出ています。

宮島管弦祭03

宮島について、厳島神社の近くにある御笠浜まで歩いていきました。
有名な大鳥居のあたりには、観光客が大勢いらっしゃいました。
引き潮の時は、歩いて大鳥居の近くまで行くことができるようです。

宮島管弦祭04

人々が向かう先の海上には管弦船が浮かんでいて、中で神事が行われているようでした。
近くまで行ってみると、ひちりきなど雅な演奏が聞こえてきます。
神主さんの姿は見えましたが、残念ながら巫女さんはハッキリと確認できません。
それに、周りを大勢の人が取り囲んでなかなかうまく撮影できませんでした。

宮島管弦祭05

しばらくすると、周りから船が集まってきました。

宮島管弦祭06

それらの船と共に、管弦船も出航です。
対岸の神社に向かい、夜になってふたたび宮島に帰ってきます。

宮島管弦祭07

管弦船がふたたび帰ってくる場所は、御笠浜ではなく長浜神社のあたりです。
この会場の後ろにあるテントでは提灯が用意されていました。
その隣には太鼓や三味線など楽器もスタンバイしています。

宮島管弦祭08

船が到着すると、神事の後で提灯行列が行われます。
8時30分、いよいよ提灯が配られました。
ろうそくに火を付けて御座船の到着を待ちます。

宮島管弦祭09

神事が無事に終わり、御座船が3度鳥居の前を回って厳島神社に帰っていきます。
私たちも提灯を持って厳島神社まで行列で移動、提灯行列です。
最後まで撮影したかったのですが、この日はフェリーの関係で途中で帰りました。
このあと宮島では、夜11時過ぎまで提灯に彩られた神事が続いたそうです。



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。