ペンタくんの広場

最近、することが多くって更新が滞りがち。ゆっく~り記事アップしてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中国雑伎団 in ハウステンボス その8 

私の頭の上の方から、大きくて長い網が降りてきました。
その網を使っての演技です。

中国雑伎団-吊布のアクロバット技0001

中国雑伎団-吊布のアクロバット技0002

にこやかな笑顔。この少女もたぶん10代なのかな。

中国雑伎団-吊布のアクロバット技0003

連なって上空にあがっていきます。

中国雑伎団-吊布のアクロバット技0004

身体の柔らかさは、みごとです。

中国雑伎団-吊布のアクロバット技0005

鳥になったかと思うほど自由に空間を動きます。

中国雑伎団-吊布のアクロバット技0006

こちらは、ソロでの演技。
巻き付けた布をほどきながら上空から一気に降りているところです。

中国雑伎団-吊布のアクロバット技0007

そして、次の演技の準備をします。

中国雑伎団-吊布のアクロバット技0008

ラストは3人組で、勢いよく飛び立ちます!

中国雑伎団-吊布のアクロバット技0009

みごとなアクロバットに、観客からため息がもれました。
音楽と相まって、クライマックスを盛り上げていました。

中国雑伎団-吊布のアクロバット技0010

ユトレヒトプラザに行ったことのある方なら、どれだけの高さか分かると思います。

中国雑伎団-吊布のアクロバット技0011

しかしこんなに高いところで怖くないのでしょうか。

中国雑伎団-吊布のアクロバット技0012

最後に、優雅にポーズですね。




スポンサーサイト

中国雑伎団 in ハウステンボス その7 

今回は「呂布のアクロバット」です。
「天空を舞うラブストーリー」と説明があった技です。

中国雑伎団呂布のアクロバット01

まず、このシーンから始まりました。
バイオリンを弾いている美女の前に、宙返りでもう一人美女が登場です。

中国雑伎団呂布のアクロバット02

このシーンを見て「あっ、空中に浮かんでいる……」と思ってしまいました。
よく見ると手に布が巻き付いています。

中国雑伎団呂布のアクロバット03

反対の位置からの写真です。
バイオリンの美女と二人の主役の3ショットです。

中国雑伎団呂布のアクロバット04

バイオリンを奏でている美女のアップです。
私はこのシルエットがとても好きでした。いい雰囲気です。
天は二物を・・・・与え居てるようです。いえ、三物かもしれません。

中国雑伎団呂布のアクロバット05

「天空を舞うラブストーリー」と言われるの由縁がここからですね。
速い動きにカメラが・・・・ついていけません。(涙)

中国雑伎団呂布のアクロバット06

こちらのお二人、いい雰囲気です。
まさに恋人同士のノリです。
そして、やっと撮れたアップです。

中国雑伎団呂布のアクロバット07

ふたたび、空中を舞う技が始まります。

中国雑伎団呂布のアクロバット08

高い所でのアクロバットは、何度見てもハラハラドキドキです。

中国雑伎団呂布のアクロバット09

最後は、仲良く手を取り合ったポーズで終わりました。
とても十代の団員の演技とは思えないほど、ムードたっぷりでした。




中国雑伎団 in ハウステンボス その6 

中国雑伎団が帽子でジャグリングしたらこうなりました。

中国雑伎団-帽子のジャグリング01

始めは一人と多数の対決です。
この黄色の光線が対決の雰囲気をかき立てます。

中国雑伎団-帽子のジャグリング02

次に、一緒になってジャグリング大会~。
このあとジャグリングは大変テンポ早く、次々と技が繰りひろげられます。

中国雑伎団-帽子のジャグリング03

二つの技のコンビネーションです。
真ん中でお手玉のように縦のジャグリング、外側で横のジャグリング。
私は噴水を連想してしまいました。

中国雑伎団-帽子のジャグリング04

途中で、音楽に合わせてステップ。
足を横に出している姿が「おもちゃの兵隊さん」のように見えて気に入っています。

中国雑伎団-帽子のジャグリング05

肩の上に立ってジャグリングの二階建てです。
その場でぐるりと一回転しながらです。
いとも簡単にやっているように見えますが、難易度は高いかも。

中国雑伎団-帽子のジャグリング06

1人の男の子が帽子をブーメランのようにとばしています。
とばした帽子は男の子の手に帰ってきます。
舞台を橋から橋まで走り回って帽子とじゃれ合っています。
動きが面白くて楽しめました。

中国雑伎団-帽子のジャグリング08

これは両側のグループの長いジャグリングと真ん中の二人のジャグリング。
沢山の帽子が飛び交っているのに帽子同士がぶつかりません。
また誰も帽子を落としません。
「失敗しないということもすごいわね」
私はひたすら感心していました。

中国雑伎団-帽子のジャグリング11

3人が1組になっての技です。
この技を見て、沖縄のシーサーを連想しました。

中国雑伎団-帽子のジャグリング07

団員10名によるピラミッドのジャグリングです。
みなジャグリングしているのに安定しています。
バランス感覚が優れているからでしょうか。それとも訓練のたまもの?

中国雑伎団-帽子のジャグリング09

最後に演技をしたみんなでキメのポーズ。
今、写真を見ながら、いくつの技があったのかと数えている私です。

しかし、あの帽子は何でできているのでしょうか。
ブーメランのように弧を描いて帰ってくるなんてできるのですから・・・・。
「あの帽子に触ってみたい」と密かに思っている私です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。