ペンタくんの広場

最近、することが多くって更新が滞りがち。ゆっく~り記事アップしてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中国雑伎団 in ハウステンボス その4 

今回は「お椀積みの技」です。

名前を聞いた時は、こんな技だとは想像できませんでした。

お椀積みの技01

まず、右の綺麗なお嬢さんがお椀を投げます。

お椀積みの技02

それを板の上に並べます。
男の人は、不安定な板の上に乗っているので、並べるだけでも大変そう。

    お椀積みの技03

実際に見物している時には気づかなかったのですが、けっこう緊張した面もちですね。
呼吸を整えて、頭の上のお椀の用意をして・・・・

お椀積みの技04

次の瞬間、お椀が空中に浮かびます。

お椀積みの技05

行儀良く並んだお椀が私の写真に収まっています。

お椀積みの技06

そして、頭の上のお椀に呼ばれているように、次々に吸い込まれていきます。

お椀積みの技07

「おっと、危ない!」でもちゃんとお椀の山に入りました。

お椀積みの技08

「すごい!!1枚も落ちないなんて・・・・すごすぎる!」
拍手をするのも忘れて見とれていました。

お椀積みの技11

そんな私たちに男性団員が拍手を促します。
ジェスチャーで「もっと、もっと・・・・」と言っています。

会場が割れんばかりの拍手の嵐になった時、アンコールです。
ラストの演技は、お椀よりも小さい容器と栓抜きのような物が頭のお椀に吸い込まれました。

お椀積みの技12

お椀を頭から降ろして、最後の挨拶です。
会場の観客も一緒になって大変盛り上がった雑伎でした。




スポンサーサイト

中国雑伎団 in ハウステンボス その3 

「こま廻しの技」です。
子供が遊ぶ「こま」も雑伎団にかかるとこのようになります。

ハウステンボス中国雑伎10

二人組で、こまを移動させているところ。

ハウステンボス中国雑伎11

舞台の上を大きく移動し、

ハウステンボス中国雑伎12

いったん一列になったかと思うと、ダイナミックに分かれていきます。

ハウステンボス中国雑伎13

こちらは、舞台に向かって右の端に集まったところ。
この時はみんなの顔がよく確認できました。
かわいい、そして、あどけない十代の顔でした。

ハウステンボス中国雑伎14

これはピラミッドの上でこま回しです。
下の女の子は、こまの行く方向に顔を動かします。
まるでねこが動く物を目で追っているみたいです。

ハウステンボス中国雑伎15

ピラミッドの一番上にいた女の子が、後ろに跳び去ります。

ハウステンボス中国雑伎16

みんなで姿勢を整えて、

ハウステンボス中国雑伎17

キメのポーズ。
華やかな演目でした。




中国雑伎団 in ハウステンボス その2 

中国雑伎の開演を待っていると、突然会場が暗くなって幕が開きました。

ハウステンボス中国雑伎01

いきなり・・・・の展開にまず最初の驚きです。

ハウステンボス中国雑伎02

オープニングは、新体操のリボンを思わせる演技から始まりました。

   ハウステンボス中国雑伎03

   次に、旗を勢いよく使った演技。なんでも、武術が元だとか。

   ハウステンボス中国雑伎04

   こうして写真で見ると、どうやって跳んでるのか、とても不思議ですね。

   ハウステンボス中国雑伎05

   でもまだ、これで驚いてはいけませんでした。

ハウステンボス中国雑伎06

意表を突いたこの演技、会場からは、あまりの見事さにどよめきが起こりました。

ハウステンボス中国雑伎07

さらに、今度は総勢16人がかけ声一つで合体です。

ハウステンボス中国雑伎08

そして舞台を回転しはじめました。舞台から、はみ出しての迫力と統一感のある演技です。

ハウステンボス中国雑伎09

会場からは、驚きの声と大きな拍手がおこりました。
さて次は・・・・ワクワクしながら待ちました。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。