ペンタくんの広場

最近、することが多くって更新が滞りがち。ゆっく~り記事アップしてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハーモニーランドのクリスマスショー② 

ハーモニーランドのクリスマスショー①の続きです。

11月の半ばから12月25日までの期間中、「ハローキティとシナモンのNEWホワイトエンジェル」が毎日行われます。それが、前回掲載したもの。

そして、期間中の土・日・祝と12月24日・25日は、もえひとつショーがあって2部構成です。
その後半のショーが「シュガーバニーズのクリスマスプレイタイム」です。

シュガーバニーズのクリスマス-001

まずは、お兄さん・お姉さん・キティでダンスです。

シュガーバニーズのクリスマス-002

次にシュガーバニーズの「しろうさ」と「くろうさ」の登場!
二人はパティシエということで、山高帽をかぶっていますね~。

シュガーバニーズのクリスマス-003

あっ、ショーの途中で「しろうさ」が舞台から降りてきます!
「うまく降りられるかな?」と心配しました。

シュガーバニーズのクリスマス-004

舞台の上ではキティがファンサービス!

シュガーバニーズのクリスマス-005

観客席から「しろうさ」のアップ!
でも……近すぎて全身が入りません……ちょっと残念。

シュガーバニーズのクリスマス-006

反対側の階段から降りた「くろうさ」は観客の女の子に、ごあいさつ。
ところが……女の子は緊張して……ただ見ているだけでした。

シュガーバニーズのクリスマス-007

しばらくすると、「しろうさ」・「くろうさ」が戻って、舞台の上に全員集合!

シュガーバニーズのクリスマス-008

「さあ、簡単な振りなのでみんなで踊りましょう」
その呼びかけに、観客みんなが立ち上がってダンス・ダンス・ダンス!

シュガーバニーズのクリスマス-009

小さなお子さんは、前に出てキティといっしょにレッツ・ダンス!
その後ろにカメラを持ったお母さん。
コレって、けっこういい記念になりますね~。

シュガーバニーズのクリスマス-010

そしてショーが終わり、帰るときです。
観客は順番に舞台に上がり、キティたちと別れを惜しみます

キティラーなら泣いて喜びそうです。
私は……ちょっと遠慮して撮影だけしましたぁ~。





スポンサーサイト

さよなら…0系新幹線 

0系新幹線ラストランの続きです。

昼間に引き続き、夜の新幹線、20時18分の「こだま」を撮影しました。
この日はお天気がよくなくて寒い中、子供とホームでふるえながら待っていました。

ベルが鳴って、レールを走る音が聞こえてきます。
「あっ、急いで撮らなきゃ」
慌てる私に子供が言いました。
「ママ、これ、こだまじゃないよ。ライトが違うよ」
シャッターを押した私も違いが分かりました。

0系新幹線ラストラン0021

しばらくすると、またアナウンスがあり、ベルが鳴りました。
今度は遠くから丸いライトが確認できます。0系新幹線の「こだま」です。

0系新幹線ラストラン0022

だんだん大きくなって私の近くで停まります。

0系新幹線ラストラン0024

停車したところを撮ったらドアが開きかけていました。

0系新幹線ラストラン0025

どこからかカメラやビデオ・携帯を持った人が出てきました。
こだまの撮影会の始まりです。

みなさんが大変熱心に撮影されている姿に「にわか鉄子」は感心しました。
「マニアの人にはかなわないな、すごい!」

0系新幹線ラストラン0026

しばらくすると発車のベルが鳴り出しました。
すると一人の人が慌てて新幹線にに乗り込んで行かれました。
どうやら撮影しながら旅をされているようです。
心底0系新幹線とのお別れを惜しんでいる様子でした。
その方が無事に乗り込んでドアが静かに閉まりました。

0系新幹線ラストラン0027

今度は警笛はなく、新幹線は滑るように走り出しました。

0系新幹線ラストラン0028

こだまは私の前を静かに通り過ぎます。
私も待ちかまえてシャッターを切ります。
しかし……新幹線は速いです。
暗いこともあって思うほど写真が撮れません。

0系新幹線ラストラン0029

私の前を、あっという間に通りすぎていきました。

0系新幹線ラストラン0030

しっかり見ることができたのは後ろの赤くて丸いライトだけ……
「夢の超特急」は持ち前のスピードで私の前を駆け抜けていきました。
「飛んでるようだが走る……」がピッタリの0系新幹線でした。

最後に今回の撮影で気が付いたことがあります。

昼間の撮影の時のことです。
「撮影する人はマナーを守って撮影してください」
「黄色い線まで下がって撮影してください」
「ピーピー、黄色の線まで下がってください」

JRの職員のアナウンスが大変にぎやかでした。
つまり、危険と思われることが多くあったということでしょうか……。
私は子供と一緒だったので、特に気を付けていました。
「撮影禁止」にならないように注意したいと感じた「にわか鉄子」なのでした。




中国雑伎-独楽廻し 

ハウステンボスで行われた中国雑伎団の独楽廻しの技です。

中国雑伎-こま回し01

明るい音楽と共に、大勢の女性で演技する華やかな演目でした。

中国雑伎-こま回し02

中国雑伎-こま回し03

中国雑伎-こま回し04

中国雑伎-こま回し05

中国雑伎-こま回し06

中国雑伎-こま回し07






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。